Top

就労センタージョブ就労移行支援
就労継続支援B型
生活介護

2021年12月に新しくなりました!
就労センタージョブについて

就労継続支援B型・就労移行支援・生活介護の多機能型事業所として運営しています。働く意欲がありながら就労することが困難な方へ安定的な作業環境と一定の所得を補償し、スキルアップを図ります。また、一般就労に近い方はマナー講習などを行ったり個別にプログラムを組み就職・自立に向けて支援する事業所です。

パンフレットのダウンロードはこちら

コンセプト|
『食とスポーツと芸術で未来をつくる』

利用者一人ひとりが自分の持っている力を発揮し、
ありのままの自分を表現できる環境をつくり出すことで、
自分に誇りを持って生きていくことを全力で支援します。

就労継続支援B型

パン・菓子類の製造、販売、弁当製造や食材加工、レストランの営業などを通じ、働く意欲がありながら就労することは困難な方に対して作業環境を一定の所得を提供し、一般就労に向けての支援・準備・情報提供を行っています。

キッチン
『まんぞく屋』
弁当・食事製造でご自身の能力を十分に発揮し、やりがいや責任を感じながら、はたらく力を身につけます。
パン工房
『にじパン』
パンや洋菓子製造の仕事を通して、自立した心を育み、はたらく喜びを感じられる支援を実施します。
パン販売
『あぐり』
販売・接客を通して、社会とのつながりや役割を感じながら、お客様に喜んでもらえる工夫とチャレンジができる場所を提供します。
レストラン&ベーカリー
『にじのかかるところ』
販売・接客を通して、社会とのつながりや役割を感じながら、お客様に喜んでもらえる工夫とチャレンジができる場所を提供します。

生活介護

芸術文化活動拠点『にじのあとりえ』
芸術文化活動を支援し発信する拠点です。
絵をかいたり、縫物をしたり、陶芸や木工など制作が好きな人が集まって自分のペースで活動できる場所を目指しています。
また制作したものは、そこから発信して多くの人の目に触れる機会もたくさんつくっていきます。

就労移行支援

“はたらく”を応援『ステップ』
一般就労を希望する方へ専門のテキスト・プログラムを用いて支援します。

2022年4月オープン予定!

レストラン&ベーカリー
『にじのかかるところ』
こだわりの食材を使って、安心して食べていただけるお食事と和菓子・洋菓子の豊富なメニューを取り揃え、カフェとしても十分に楽しんでいただける場所になっています。
そして、そこに“アート”のある空間をつくり出し、皆様の心を豊かに活力のあるものにしていきます。
『にじのかかるところ』という店名には、“たくさんの人たちとの出会いやつながりを大切にしたい”“虹のようにほっこり笑顔にさせてくれて、なんだかしあわせな気持ちにさせてくれる”。そんな場所にしたいという想いを込めました。
芸術文化活動拠点
『にじのあとりえ』
芸術文化活動を支援し発信する拠点として新設します。
絵を描いたり、縫い物をしたり、陶芸や木工など、制作が好きな人が集まって、自分のペースで活動できる場所を目指します。
また、持っている力を存分に使い制作したものは、そこから発信して多くの人の目に触れる機会もたくさんつくっていきます。

指定障がい者支援施設
就労センタージョブ

種別障害者福祉サービス事業
開設年月日平成20年4月1日
利用定員就労継続支援B型
苦情解決責任者管理者
苦情受付担当者利用相談センター
第三者委員山本 彩
第三者委員橘 功記
名 称
:指定障がい者支援施設 就労センタージョブ
所在地
:〒061-1112 北広島市共栄276番地44
連絡先
:TEL:011-373-4896 / FAX:011-373-9179
Eメール
:honbu@kitahiro-fukusikai.or.jp